楽にポイントを集めて得したい人にPontaポイントをおすすめする3つの理由

楽にポイントを集めて得したい人にPontaポイントをおすすめする3つの理由

最近は様々なキャッシュレス決済が登場していますが、お店での使い分けやメリットが良く分からずに現金を使い続けている人も多いかと思います。
私も1年ほど前までは現金を主な決済方法にしていました。

しかし、たまたま使用していたクレジットカードがPontaポイントとの相性が良く、日用品での買い物でもau pay(QR決済の一種です)を使うなどPontaポイントを貯めること意識し始めたらポイントでお得に生活できるようになりました!

それからPonta以外のポイントについても調べてみましたが、Pontaポイントが新たに準備することも少なくかつ比較的楽にポイントを貯めることができるので現金派の人
がキャッシュレス決済にデビューするのにもおススメできるのではないかと考えました。
そこで今まで現金派でポイントはあまり意識していなかった人にもPontaポイントでのポイ活をおススメすめできる理由とPontaポイントを貯め方と使い道をまとめてみました!

画像は私はPontaポイント支払いでGETした冷凍パックご飯×24(約3,000円)です。
月の決済額にもよりますが、ポイントだけでこのような商品を手に入れることができます!

Pontaポイントをおススメする理由

早速ですが、おススメする理由を主に3つ挙げてみます。

  1. 年会費無料かつ高還元率のクレジットカードと相性がいい
  2. 決済方法のau payを使用できる店が多い
  3. 貯めたポイントの使い道が豊富

年会費無料かつ高還元率のクレジットカードと相性がいい

ポイント還元率が高くてもクレジットカードに年会費を払うのは抵抗ある人は多いのではないでしょうか?私もその一人です。
年会費無料のクレジットカードでは還元率が1%を超えるとかなり優秀で是非とも愛用したいカードになります。

その条件を満たすクレジットカードはいくつかありますが、そのうちのau payカードリクルートカードはPontaポイントを効率的に貯めることができます。
私はその2枚を併用してPontaポイントを貯めることをおススメします。
特に公共料金の支払いは、クレジットカードを一度設定してしまえば定期的に決済されポイントが貯まっていくので、なるべく高還元率のクレジットカードを選択することが大切です!

決済方法のau payを使用できる店が多い

日常の買い物でPontaポイントを貯めるために決済手段はQR決済のau pay を使用します。

au payはコンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアなど多くの人が日常的に使用する小売店の主要なチェーンで使用することができるので、日々の食事や必需品の出費でもポイントを得ることができます。

貯めたポイントの使い道が豊富

Pontaポイントは貯めたポイントの使い道もかなり豊富に用意されています。
ポイントは貯めるだけでは意味ないですからね。ポイントの使い方は主に7つの方法があります。
より詳しくは後ほど詳しくまとめたいと思います。

Pontaポイントの貯め方

ではまず、主なポイントの貯め方から説明していきます。
Pontaポイントの貯め方は主に5つの方法があります。
後ほどそれぞれ説明していきます。

  1. ポンタ加盟店でカードを提示する→基本0.5%還元/200円で1ポイント
  2. au pay で決済する→基本0.5%還元/200円で1ポイント
  3. au payカードでの残高チャージ→基本1%還元/100円で1ポイント
  4. キャンペーン活用
  5. 公共料金などクレジットカードの支払いはau pay カードかリクルートカードを使用する

1.ポンタ加盟店でカードを提示する→基本0.5%還元/200円で1ポイント

ポンタ加盟店での支払い時にポンタカードもしくはアプリでポンタカードを表示させて読み込んでもらえばOKです。基本還元率は0.5%(200円で1ポイント)になります。
また、au payとPonta IDを同期させておけばau pay の支払い画面にPontaカードを表示させることができます。

画像は一部ですが、Pontaポイントの提携店・サービスの一覧です。

2.au pay 決済→基本0.5%還元/200円で1ポイント
3.au payカードでの残高チャージ→基本1%還元/100円で1ポイント

ここはまとめて説明してしまいます。au payで決済することで発生するポイントです。

QR決済は事前に残高チャージが必要です。
この残高チャージにau pay カードを利用するとチャージ金額の1%分ポイントが付与されます。
つまり支払いの0.5%にチャージの1%が上乗せされ実質1.5%還元となります。

この支払時の実質1.5%という高還元率とau pay 支払い可能店舗の多さがPonta ポイントを楽に貯めることができる大きな要因になると思います。

公共料金などクレジットカードの支払いはau pay カードかリクルートカードを使用する

前述した通り、年会費無料のクレジットカードは還元率が1%あればかなり優秀で是非とも利用したクレジットカードになります。その中でも特にリクルートカードは還元率が1.2%と公共料金でもポイント付与されるクレジットカードなかでは最高クラスの還元率です。
そのため支払い方法はリクルートカードにしてPontaポイントを貯めていくことがおススメです。

ポイ活で有名な楽天カードは2021年6月から公共料金の支払いの還元率が見直しがあり、0.2%/500円で1ポイントになるようです。

キャンペーン活用

au payでも他のQR決済と同様に利用者確保のために定期的にお得なキャンペーンを実施しています。au payの活用に慣れてきたらキャンペーンの活用もおススメします。

過去に実施されていたキャンペーン※一部の例で全部ではありません

  • たぬきの大恩返し
    対象の飲食店、ドラッグストアやスーパーマーケットで最大20%還元されました。
  • ローソン銀行ATMから現金チャージで5%ポイント還元キャンペーン
    キャンペーン期間中、ローソン銀行ATMで現金チャージすると、チャージした金額の5%のPontaポイントを還元されました。

画像は実際に私がキャンペーンを利用した時の決済画面です。
約3,000円の買い物でキャンペーンでポイント500ポイント付与されてます!

Pontaポイントの使い道

Pontaポイントは以下の7の方法で活用できます。

  1. Pontaポイントの提携店・サービスの支払いに利用する(1ポイント=1円)
  2. 他のポイントへ交換
  3. au payの残高にチャージする
  4. au payカードの支払いに利用する
  5. ポンパレモール・au pay マーケットなどECサイトの支払いで利用する
  6. ローソンのお試し引換券に交換する
  7. ポイント投資で活用する

Pontaポイントの提携店・サービスの支払いに利用する(1ポイント=1円)

ポンタポイントを支払いに使えるサービス、お店は幅広くありますが主な店は以下の通りです。
どの提携店、サービスでも1ポイント=1円で使用できます。

他のポイントへ交換

Pontaポイントを他のポイントに交換可能です。
特に注目はJAL マイルについては2ポンタポイントで1JALマイルと交換することができます。

au payの残高にチャージする

au payの残高に1ポイント1円としてチャージすることもできます。
決済時0.5%のポイントは通常通り付与されますが、チャージ自体にはポイントが発生しないのでau pay残高チャージはau pay カードでのチャージをおススメします

au payカードの支払いに利用する

1ポイント1円で月の支払い2万円までポイントで支払うことができます
au payチャージの1%還元を受けつつ支払いもポイントで賄えるのでポイントの使い道がない時には使ってみてもいいかなと思います。

ポンパレモール・au payマーケットなどECサイトの支払いで利用する

au pay マーケットポンパレモールという買い物でポンタポイントが多くもらえるECサイトがあります。そのECサイト支払いでも1ポイント1円として支払いに利用することができます。そのサイトではポイント支払いでも倍率は下がりますがポイントが得ることができます。

また、au payマーケットではPontaポイントをau payマーケット限定のPontaポイントに1.5倍にして引き換えることができます。この制度は月に2回計4,000ポイントを6,000ポイントまで増やすことができますので食品の買いだめなど毎月使いきるのがおススメです。
ただし引き換えたau payマーケット限定のPontaポイントは有効期限が約1か月と通常のPontaポイントより短くなるため、使いきれるように注意してください。

ローソンのお試し引換券に交換する

これはかなりお得なポイント利用方法なので是非試してもらいたい方法です!
新作のお菓子やカップ麺をポイント交換でお得に試すことができます。

画像はお試し引換券で入手した商品です。
130円の製品を40ポイントで引き換えることができました!


ただ人気のサービスのため、競争率も高く狙った商品をGETすることが難しいのが難点です。

ポイント投資で活用する

ポイント投資orポイント運用ができます。
ポンタポイントでポイント運用とポイント投資を行うこともできます。
選択できるサービスは以下の2つです。
1)ポイント運用

  • ポイントで運用を行い、ポイントが増減する
  • 証券口座の開設は不要で気軽に始めることができます

2)ポイント投資

  • ポイントを円に換えて投資します。受け取り時はポイントでなく円での受け取りになります。
  • 利用するにはauカブコム証券の口座開設が必要です。

投資に興味がある方はまずはポイント運用からスタートしてみるのがいいかなと思います。

私の使い方(具体例)

参考までに私の活用方法をご紹介します。まずホットペッパービューティーで予約した美容室の支払いの一部をPontaポイントにしたり、au payマーケットで冷凍パックのお米などを食料品をポイント引き換えに使っています。日々の支出を軽くする使い方が出来て非常に使い勝手がいいと思います。

また、旅行時にはじゃらんで予約すれば宿泊費やレンタカーの支払いもポイント払いにして支出を軽減することもできます。

個人的に物足りない点

最後に他のポイントサービスと比較して物足りない点にも触れてみたいと思います。
私が実際に使用していて物足りないと感じている点は主に以下の2点です。

クーポンは他のQR決済に劣る。

クーポンはあまり配信されません。配信されたとしてもau スマートパスといった有料サービスの加入者が対象のものも多いです。

ポイ活をガチる人には最高効率ではない

有名なところだと楽天経済圏と呼ばれるような囲い込み施策を行っている楽天ポイントのほうがより効率的にポイントを貯めることができます。ただそのためには楽天が提供している様々なサービスに加入したり、SPUといったサービスを理解する必要があり、使いこなすにはハードルが高い印象です。

私のようにどうせならポイントは欲しいが契約しているサービスを変更するのは面倒だったり、サービス自体の内容も評価して選択したいと考える人には、クレジットカード払いにすれば比較的高還元率でポイントを入手できるPontaポイントが相性いいのではと思います。

まとめ

今回は現金派の人にもPontaポイントがおススメする理由とポイントの貯め方と使い方を簡単にまとめてみました。

最近は小売店や外食チェーンなど多くのお店でキャッシュレス決済ができるようになっています。キャッシュレス決済は最初に準備や支払い方法の設定がありハードルが高く感じるかもしれませんがアプリやクレジットカードでの設定をしてしまえば、使えば使うほどポイントが貯まっていきます!

せいぜい数%でしょと思う方もいるかもしれませんが、増税が続く消費税の負担も緩和できるので少しでもお得な支払い方法を取ることは大切です!

Pontaポイントでのポイ活に興味をもっていただけた方はまずau payをスマホにダウンロードしてみてください。一度使ってみて継続して使っていけそうであれば、au payカードでの残高チャージやリクルートカードでの公共料金支払いなど細かい設定にチャレンジすることをおススメします!

別記事でPontaポイントの集め方についてより詳しく、段階的にまとめてみたので興味をもって頂けた方はご覧ください。
【au pay】Pontaポイントでのポイ活の始め方【具体的に説明】

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA