口内炎ができた時に口を清潔にする方法【生理食塩水】

口内炎ができた時に口を清潔にする方法【生理食塩水】

口内炎に悩まされている人は多いですよね。口内炎になると食事の時だけではなく、仕事や勉強にも支障が出るのでなるべく早く治したいと思います。口内炎の治し方を調べると十分な睡眠・休養を取る、ビタミンBを摂取する、口の中を清潔に保つことが推奨されていました。睡眠・休養を取ったりビタミンBはともかく口内炎が痛くて歯磨きも十分にできないんじゃ!と思ったので今回は口内炎でも口内を清潔にする方法について調べてみました!

口内炎の時の歯磨きで気を付けたいポイント

口を清潔にする方法はもちろん基本は歯磨きになります。歯磨きで気をつけるポイントは、歯磨きのやり方と使う歯ブラシ、歯磨き粉の選び方です!

歯磨きのやり方

まず気を付けたいのは、口内炎の部分には触れないようにすることです。傷がひどくなったり、細菌が入ってしまう可能性があるようです。また、口内炎ができている時は、睡眠や休息が足りておらず口内炎ができやすい体調の可能性もあります。よって優しく歯磨きするのがおススメです。

歯ブラシの選び方

多くのメーカーが色々な歯ブラシを出しています。その中から口内炎の時に使いたい歯ブラシを選ぶポイントをまとめてみます。
・柄が真っすぐかつヘッドは小型
・毛の硬さは柔らかめ

歯磨き粉の選び方

歯ブラシと同様に様々なメーカが色々な歯磨き粉を発売しています。口内炎時に選びたいのは、ラウリル硫酸ナトリウムを配合していない歯磨き粉です。このラウリル硫酸ナトリウムは口内炎時には避けたい刺激物になるようです。近所のドラックストアでも買える市販品だと以下のブランドが該当するようです。
・ガム・デンタルペースト
・シュミテクト

ということで買ってきました。近所のドラックストアでも推奨されていたものが入手できました!口内炎に悩まされることが多い方常備しておいてもいいかもです♪

歯磨きができないくらい痛みがひどい時は生理食塩水でのうがいをしよう

歯磨きもできないくらい痛みがひどい時は生理食塩水を使ってのうがいがおススメです!

なぜ生理食塩水なら痛くないのか?

生理食塩水とは、人体の体液とほぼ等張となる濃度の食塩水を指します。
生理食塩水は人体の体液と同じ浸透圧なのでしみないという理屈のようです。

生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液(食塩水)。日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウムを0.9w/v%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。これは、人間の体液とほぼ等張となる食塩水の濃度である。

生理食塩水」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。

生理食塩水の作り方、使用方法

生理食塩水は家庭で簡単に作ることができます。(僕もできました)

注意点
・作ったその日のうちに使い切る。
・うがいをする時には、コップに移して使用する。

生理食塩水を使ってのうがいは食後など一日最低3回は行いましょう。
うがいで保湿もできるので口内が乾燥しているならその都度うがいすることがおススメです。

まとめ

口内炎ができてしまった時に口内を清潔にする方法を調べてみました。
推奨されている歯ブラシや痛まずにうがいができる生理食塩水は一般家庭でも簡単に用意できるので、口内炎で悩まされている方は試してみてください!

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA